Case study

導入事例

“大量生産に必要な製品製造システムにInnoRulesを導入して標準化した結果、中央集中式開発と配布が可能になり、製品工程の速度が速くなりました。したがって、自然にS電子製品のマーケット投入時期も早くなりましたね。”

InnoRules
製造
電子製品メーカ(韓国S社)
 
目的・効果【目的】
・業務ロジックの統合管理
・現地中心のシステム個別対応方式の改善
・製造工程の変更作業期間を短縮

【効果】
・製造変更期間短縮(1ヶ月→1週間)
75% 生産性向上

・新製品製造周期短縮(6ヶ月→3ヶ月)
2倍 短縮

・中央集中式開発と配布、業務ロジックの可視化で人力縮小(200名→100名)
1/2 人力縮小
今回の課題

【背景】
・現地の個別対応とより速い製品製造のための製造工程の頻繁な変更
全世界39工場の製造工程は、各工場が位置する現地の製造環境に最適化するために個別対応しており、さらに新製品の発売周期が短くなったことにより、製造工程の業務ルールの変更が頻繁に発生しました。

このような環境で、製造システムはだんだん複雑で大きくなりメンテナンス作業が非常に難しくなった為、製造システムの標準化と本社の中央管理方式が求められるようになりました。

製造システムの改善のためには、現地の個別対応処理まで含む製造工程の業務ルールソースの一元化と統合管理が必要でした。

業務ルールの一元化と統合管理、頻繁な変更に速やかに対応できる方法として、BRMS導入が決まり、開発とテスト機能が優れた、InnoRulesが選ばれました。

 
実際の効果

【成果】
・BRMS基盤の標準製造管理システムを構築
各工場の製造工程使用を担当する工程設計者達を集めて製造工程業務ルールを整理し、InnoRulesのルールビルダーを利用してビジネスルール化しました。ビジネスルールを本社で統合管理し、必要に応じて工場に配布すると各工場のInnoRulesのBRMSエンジンでビジネスルールを起動する全世界S電子工場の標準製造システム、MESが構築されました。

・200名だった開発・運用人が100名と縮小
MESで各工場の個別対応まですべて含む製造工程の業務ルールソースを一元化し、各工場に適用しました。配布は本社から各工場に一括配布が可能となりました。

業務ルールソースを一元化・統合管理することで、工程変更と個別対応を担当した複数のチームは、一つのチームに統合され、各工場の製造システムソフトウェア担当者については、200名が担当していた業務が100名で実行可能になりました。

・製造工程の変更作業期間が1ヶ月から1週間に、新製品販売周期が6ヶ月から3か月に
InnoRulesの開発・テスト機能を利用して、変更が頻繁に行われるプログラムはビジネスルール化することで新製品販売による製造工程の変更作業期間は、従来1ヶ月かかっていたところ1週間に短縮されました。

また、従来ならば6ヶ月がかかっていた新製品発売時期は3ヶ月と早くなりました。