Case study

導入事例

“InnoRulesを使用して、処方時のチェック事項の知識を確認して、間違った処方について警告を出す知能システムを構築しました。複雑で頻繁に変更される診療費計算の仕様変更を即座に反映できるようになりました。また、集中治療や救急患者の状態の監視をルール化して運用し、様々な職群の専門要員の業務配置をルール化して効率的な人員配置を実行しています。”

InnoRules
医療
総合病院(韓国S病院)
 
目的・効果【目的】
・知能型システム構築
・複雑な業務システムの柔軟性強化

【効果】
・処方知識のルール化
約50万件

・重要患者モニタリング
常時可能

・診療費計算仕様変更の反映時間
1ヶ月→1週間
今回の課題

・人的ミスによる誤処方の可能性あり
処方の際、国際勧告と根拠に基づいているか(Evidence-based)チェックするが(処方の有効性チェック)、医師毎に適用差が発生して、誤った処方する可能性が存在する。

・診療費計算の仕様変更対応が大変
そもそも診療費の計算の仕様は900ページに上るほど膨大な量であり、その仕様の変更告知も頻繁に出ている。仕様変更をシステムに反映するためにの時間は膨大で、反映後の精度についての検証は難しかった。

 
実際の効果

・商品情報と業務ルールを統合管理
様々な韓国や根拠に基づいた検証チェックがすべてルール化され、処方の際に必ず適用されることになったので、誤った処方の可能性がなくなり、知識の蓄積も可能になった。

・診療費計算の仕様変更が迅速、かつ正確に行えるようになった
診療費の計算ロジックの可読性が良くなり、以前よりはるかに速い時間で診療費の計算ロジックの変更が可能となった。さらに正確性についての検証テストもルール・ビルダーを通じて可能になり、システムへの反映ミスについての不安がなくなった。